>  > Aカップ幼い顔のYちゃん

Aカップ幼い顔のYちゃん

私は本当に好きなおっぱいの大きさってどのくらいかなって、試してみたくなりました。まずはAカップのデリヘル嬢を呼んで、プレーしてみて、順々にB,C,Dと大きな女性を呼んでいき、最後はHくらいまで試すという壮大な計画です。バイト代が出た日に、私はAカップの学園系女子、Yちゃんを家に招きました。Yちゃんはみるからに幼い顔の女子です。24歳なんて信じられません。ベージュ系のブレザーがとても似合っていました。浴室で、Aカップ幼い顔のYちゃんに手コキをしてもらっていると、何だかいけない気分になり、あそこがぎんぎんに勃起をしました。ベッドに移動し、抱き合います。後ろから手を回して、おっぱいを愛撫します。Yちゃんは、あーって、かわいい声で喘ぎます。私はもっと喘ぎ声がききたくて、今度は書面からおっぱいをぺろぺろ舐めました。興奮して、そのまま押し倒して、正常位の素股に移行し、私はYちゃんの、ちょっと涙ぐんだようなとろんとした顔を見ながら発射しました。やっぱりおっぱいのカップ数より、人柄やルックスが大切かもしれません。

[ 2014-07-15 ]

カテゴリ: デリヘル体験談